ちびまる子ちゃん
Make Noise tELHARMONIC (テルハーモニック) はマルチ・ボイス、マルチ・アルゴリズムのシンセサイザー・モジュールです。
tELHARMONICに搭載された3つのアルゴリズムは、モードを切り替える必要は無く全て同時にシンセサイズされ、パネル上部の3つの出力ジャックより同時に出力されます。

・N OUT
1961年の最初期のコンピューター・ミュージックと言えるJames Tenneyによる”Analog 1: Noise Study”にインスパイアされたノイズ・シンセシス

・H OUT
1897年のThaddeus Cahill‘sが開発したTelharmoniumにインスパイアされた3ボイス・アディティブ・ハーモニック・シンセシス

・P OUT
1980年代のデジタル・シンセサイザーにインスパイアされた、フェイズ・モジュレーション・シンセシス

TONIC, INTERVAL, DEGREEそしてD-GATEの4つのパラメーターをコントロールする事で音楽理論に則った複雑なコード進行、スケール、メロディー、プレイスタイルをパッチングによりプログラミングする事ができます。CENTROID, FLUX and H-LOCKをコントロールする事で各アルゴリズムへユニークな効果を与えます。

外部からの1V/Oct信号による6オクターブのピッチ・コントロールと4オクターブのクオンタイズされたピッチコントロールが可能。
GATE 出力による他のモジュールとの連携も可能です。

Spiratone
tELHARMONIC は全く異なるもう一つのシンセサイザー・プログラム Spiratone (スパイラトーン) シェパード・トーン・ジェネレーターを内蔵しています。
Spiratone が生み出すシェパード・トーンとは「無限音階」の事で、人間の聴覚の錯覚により音程が無限に上昇(又は下降)し続ける様に感じるサウンドの事です。
理髪店の入り口に置いてある赤青白の「サインポール」をイメージしていただくと分かりやすいでしょう。
D-GATE入力に何も接続していない状態でH-LOCKボタンを5秒以上押し続けると、tELHARMONICはSpiratoneに切り替わります。

Spiratoneは1968年のJean-Claude Risset ”Computer Suite from Little Boy: Fall,”、1969年のJames Tenney による”For Ann (rising),”にインスパイアされています。

CENTROIDでオシレーターの間隔を、INTERVALでモジュレーションの深さと方向を、FLUXでランダムなピッチの変動を加算します。
生成されたシェパード・トーンはH OUTとP OUTから半分ずつ出力されます。

サイズ:14HP
Max Depth:39mm
消費電流 +12V:139mA/-12V:10mA

コチラの商品はお取り寄せ商品となります。
店頭での展示はございません。
入荷時期によって商品の外観・仕様が変更になる場合もございます。
代理店に在庫がない場合、入荷までに1~3ヶ月お時間をいただく場合がございますことをご了承ください。

PAGETOP